こんにちは ふじやん です。

太陽光発電所の敷地に生えて困る雑草の第1位は竹、2位はクズ(かずら)、3位はセイタカアワダチソウです。
20220928take
注:順位は筆者の感覚ですが、竹は説明の必要もないですね(但し生える敷地は限られます)。クズ(かずら)は架台につるが巻き付きパネルの上を這うことがあります。セイタカアワダチソウは群生して背が高いので、アレイ前面の上に伸びることがあります。

6号基隣地に群生するセイタカアワダチソウです(監視カメラで撮影)。
20220928_15_10_1VSTG-no6
10月下旬頃に花が開いた状態のセイタカアワダチソウ↓です。
20220928seitaka
ここ伊豆高原でも数年前はかなり見かけましたが、昨年はところどころで見かける程度になりました(昨年の記事ご参照↓)。

先日9/22、伊豆高原の別荘地を散策した時はセイタカアワダチソウを見かけませんでした。

伊豆高原から消えてしまったのでしょうか?
20220928DSC_1170
この空地(伊豆高原)↑もすすきは生えていますが、セイタカアワダチソウはありません。

すすき vs セイタカアワダチソウの記事に記載した状況↓が進化して消えた(自滅した)のでしょうか?
注:セイタカアワダチソウはアレロパシー(植物が化学物質を地中等に放出して他植物や生物の生育を抑制する現象/モグラやミミズも影響を受け減少)により他植物を抑えて群生するようになるが、群生すると今度はその化学物質濃度が高くなり過ぎて自らの発芽をも抑え込むようになる。すると今度は空白エリアが出来てそこにすすき等が繁茂するということが各地で発生しているようです。

でも、そうだとすると茨城のセイタカアワダチソウももっと減少しても良いように思います。

6号基の隣地は今春、トラクターで耕していましたので、そのためセイタカアワダチソウが復活した可能性も考えられますね。(^_^;)



筆者のプロフィールはこちらです。

人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

スマエネ
https://sma-ene.jp/