屋根のソーラーパネル


はじめまして  ふじやん  です。

ごく普通のサラリーですが、30代の半ばを過ぎた頃からなんとなく別荘を持ちたいという願望がこころの片隅に芽生え、ときおり、雑誌のほしいリゾートを購入しては眺めていました。

50才を過ぎてからその思いが強くなり、家内の賛同も得て別荘地を見て廻るようになりました。
海が見えて温泉があること、寒くないところ(積雪があまりない)を条件に、また、予算の都合も考慮して、候補地を熱海・伊東に絞りました。

伊豆高原の雰囲気がとても気に入りましたが、月額の温泉費用が高いため、あきらめて伊東市の別の別荘地である丸善温泉の中古別荘の購入を不動産会社に申し込みました。

この物件自体は気にいっていたのですが、他の理由によりキャンセルして伊豆高原の物件に変更することにしました。ただし、毎月の温泉費用(1万円以上)がネックでした。

どうするか悩んでいましたが、別荘の屋根にソーラーパネルを載せて、その売電収入により
温泉費用や電気・ガス・水道代などまかなうことにして、別荘購入(建築)をGoすることにしました。

今後、別荘建築や屋根のソーラー発電、その後の野立て太陽光発電や伊豆高原のことを
主体に記載します。


にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へ
にほんブログ村


太陽光発電ランキング