こんにちは ふじやん です。

横浜の自宅マンションから発電所のある茨城県南部までは高速道路を使っても2時間近くかかります。そのため発電量リモート監視と監視カメラはどうしても必要と考えていました。

太陽光の分譲販売会社がオプションとして用意している発電量リモート監視は エコめがね でした。エコめがねはモバイルパックの場合10年分の費用として約50万かかりますがパワコン毎の発電量が把握できません(一部パワコンは可?)。

そこでもう少し安価でパワコン毎の発電量が把握できるものがないか調べたところ、てるてるモニタ が見つかりました。また、その他にも発電量をリモート監視できる商品がありましたので簡単に比較してみました。

商品名
 費用      パワコン毎の監視
-----------------
エコめがね         ✖
 10年間で約50万円
(モバイルパック)

てるてるモニタ ライト   ✖  
 初期費用98000円(税別)
 通信費等12000円/年

てるてるモニタ スタンダード  〇
 初期費用210000円(税別)
 通信費等19200円/年

みえるーぷ          〇
 初期費用248000円(税別)
 通信費等25000円/年

ひだまりeyes         〇
 初期費用198000円(税別)
 通信費等36000円/年

注:てるてるモニタ以外は見積もりを入手していないので誤っている可能性があります。てるてるモニタも構成により価格が変わります。

費用が安価なのは てるてるモニタ ライト ですが、やはりパワコン毎の発電状況を監視できる てるてるモニタ スタンダードを3つの発電所に導入することにしました。

リモート監視カメラは↓写真のパン/チルト機能付きの中国製カメラが安価(12800円程度+microSDメモリ代)に販売されているので、モバイルルータ(1世代前機種で1.5万円程度)とあわせて設置することにしました。
camera_20180127_

2017/4/20に発電設備設置が完了していた物件2は、東電の電柱設置を待っていましたが、ようやく8月下旬に電柱が設置され、9/1連携開始と太陽光の分譲販売会社から連絡がありました。また、集電箱内に電源コンセントも設置されたため、8/29に物件2を訪問し、てるてるモニタと監視カメラを設置しました。
bukken2_20170829-3

プラボックス内に てるてるモニタ を設置
Point Blur_20180128_010342


集電箱内のケーブルにCTセンサーを取り付け
bukken2_20170829_2


監視カメラ
bukken2_2017829-4
監視カメラは設置位置が低いため後日、取り付け直す予定です。

これで、ようやく 9月1日から連携が開始されます。(^^♪

 ↓ ランキングに参加しています。

にほんブログ村 風力発電・太陽光発電
にほんブログ村 風力発電・太陽光発電

太陽光発電ランキング

にほんブログ村 別荘・セカンドハウス
にほんブログ村 別荘・セカンドハウス


週末別荘生活ランキング