太陽光発電と伊豆高原のブログ

横浜から伊豆高原に2019年1月末に移住しました。野立太陽光発電を霞ヶ浦近辺で立上中のため茨城に活動拠点をオープンしました。太陽光発電と横浜・伊豆・霞ヶ浦近辺の情報やDIY、株式投資の情報を掲載しています。

タグ:ソーラーウォール

こんにちは ふじやん です。

このブログは太陽光発電と伊豆高原をメインに記事を掲載していますが、過去30日間で最も読まれているのは意外にもソーラーウォールの記事(2018年11月)です。(但し1週間で集計すると直近の記事が上位に来ます)
20220116ninki
注:スマホの場合は、PC用の表示にして下へスクロールすると画面右に上記が表示されます。

自作したソーラーウォールは4年目の冬を迎えましたが、今日1/16も順調に稼働しています。


ただし、少しだけ改造しました。

ファンの音がうるさいと奥さんから言われ、また、冬以外は使用しないこともあり、DCファンを稼働させていた電源用のプチソーラーパネルを他用途(駐輪場の照明とDIY温室の開閉)に流用しました。
20181110_171349
       ↓
20220106DSC_0934b
↑ 1/6に撮影した写真のためうっすらと雪が積もっています。

そこで、音がうるさくないファンを購入しました。
20220116DSC_0933
↓のファンを交換します。
20220116-59558e5a-s
購入した新しいファンは少し大きいので、全て取り外して、ファンを固定する木枠用のブラケットを付けます。
20220116DSC_0964
そしてブラケットに新しい木枠を取り付けます。
20220116_kiwaku152115
ファンを横にして木枠にセットします。
20220116_fan152154
ぴったり入りました。
20220116_fan152311
上の状態で稼働させるとソーラーウォールのダクトからはあまり吸引せず、ファン廻りのスキマから室内の空気が循環します。

そこでファン廻りのスキマを無くすためのカバーを付けました。
20220116_fan162446
20220116_fan-cover151739
34.7℃の暖かいエアーが出て来ました。(下側の表示は室温)
20220116_thermometer151312
ファンの音も弱にするとかなり静かです。
20220116_sw151843
回転を中にすると少し音が大きくなりますが交換前のファンよりは静かです。(ただし強にするとウルサクなります)

夜間はファンを停止しても冷気が入ってくるので更にカバーを付けました。
20220116_cover162545
これで大丈夫です。(^^♪







筆者のプロフィールはこちらです。

人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

ソーラーウォールのファン風量が弱すぎたため、今日は、11/19に風量をチェックしたファンに交換してから稼働させました。(11/19の記事はこちらです)

交換前のファンは厚みが25ミリですが、交換するファンは厚みが38ミリあるため木枠の木材を積み重ねて、ファンを取り付けました。
20181121_112756
木枠のうえにカバーを取り付けた状態です。
20181121_190143_1
(注:↑は11/21の19:01に撮影した写真です)

稼働させました。騒音はエアコンの強ぐらいですが、風量はエアコンの弱よりも少ないと思います。

( OUTは換気口内の温度、INは室温です


8:50開始時の温度
20181121_085038
南南西に向いたソーラーウォールに日が射しOUTの温度が上昇中です
9:26時点
20181121_092613
OUT、INともに上昇しています

10:28時点
20181121_102850

12:01時点
20181121_120147


12時には室温が22℃に達しましたが、15時くらいから雲がかかり、温風の温度が下がってきました。


15:29時点 室温は22.8℃あります。
20181121_152952
今日は、天気が良く、窓からも日が射していましたので、窓からの日射+ソーラーウォールの温風で室温が22.8℃まで上昇したと思います。

今日の最高気温(外気温)は17℃でしたが、19時過ぎまで室温は20℃以上を保っていました。もう少し寒い日でも天気が良ければ、日中はエアコンを稼働させなくても良さそうな感じです。電気代がかからないのはGoodです。

ただし、日が沈むと温風がでなくなります。温水などに蓄熱して、そこから温風を取り出すことをいつか検討したいと思います。

【追記】関連する記事はこちらです。
ソーラーウォール?を自作する!

ソーラーウォールを自作する(2)

ソーラーウォールを自作する(3)

ソーラーウォールを自作する(4)

ソーラーウォール用ファンを入手しました

ソーラーウォールの稼働結果は?

追記:2022/01/16にファンを交換しました。





筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

11/11にソーラーウォールが完成して換気口の温度が57.5°Cまで上昇することを確認しましたが、ファンの風量が弱すぎました。(11/11の記事はこちらです)
20181111_120657
ファンの騒音を気にして静穏タイプのファン(1000rpm)を選んだためと思います。

そこで、もっと風量の多いファンを探して、Amzonでポチッとしました。2800rpmです。


ポチッとした翌日にはファンが届きましたので、早速、風量をチェックしました。

ファンを小型の12vバッテリーに接続したところです。
20181119_233656
かなりの風量です。風でファン自体が動いてしまうためホッチキスを背面におきました。

近日中に伊豆高原別荘にてソーラーウォールのファンと交換してみたいと思います。(今日は横浜です)

【追記】関連する記事はこちらです。
ソーラーウォール?を自作する!

ソーラーウォールを自作する(2)

ソーラーウォールを自作する(3)

ソーラーウォールを自作する(4)

ソーラーウォール用ファンを入手しました

ソーラーウォールの稼働結果は?




筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

昨日、ソーラーウォール本体の取り付けが完了しましたので、今日は、室内側にファン、チャージコントローラー、スイッチ、温度計を取り付けます。

それらを取り付け、換気口カバーを付ける前の状態です。配線が少し乱雑です。
20181111_112756
おっと、温度計が48.6°を表示しています。この温度計は、下段に室内温度、上段にセンサー設置箇所の温度を表示します。センサーは換気口の中ほどに取り付けました。

換気口にカバーを付け、ファンをオンにします。
20181111_111330
ファンをオンにして、しばらくすると換気口の温度が57.5°まで上昇しました。
20181111_120657
ソーラーウォール内の暖まった空気が流れて来るためと思います。ファンをオフにしてしばらくすると40°台に下がります。

(注:カバーを外した状態の写真の方が室温が高いのは、写真を撮り忘れたため、後からカバーを外して写真を撮影したためです。)

かなり高温の暖気が出てくることがわかりましたが、ファンの風量が弱すぎるため、後日ファンを交換して確認したいと思います。

ちなみに、1㎡ほどのソーラーウォーマーは出力が500Wと記載されています。自作したもののサイズは103.6㎝×88.6㎝=0.92㎡ほどです。ソーラーウォーマーに近い暖房能力があると良いのですが・・。

なお、日射エネルギーは1㎡あたりで1000Wほどあります。

【追記】関連する記事はこちらです。
ソーラーウォール?を自作する!

ソーラーウォールを自作する(2)

ソーラーウォールを自作する(3)

ソーラーウォールを自作する(4)

ソーラーウォール用ファンを入手しました

ソーラーウォールの稼働結果は?



筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

今日は、自作中のソーラーウォールの取り付けです。その前に、余ったポリカーボネート板をカットして本体上部に付けました(防水のためです。)

本体は、ベランダのエアコン室外機の上部に取り付けました。
20181110_171349
24H換気口への接続部は、スキマをパテで埋めました。5Wのプチソーラーパネルは、本体の上部に取り付けました。

ここでちょっとトラブル発生です(実は、昨日気がついていました)。ファンをバッテリーで回転させても風量が弱すぎます。ファンをもっと強力なものにする必要があります。

本体を分解したくないので、室内側の24H換気口↓にもファンを取り付けることにします。本体内に付けたファンと同じものがもう1個ありますので、とりあえず、これを取り付けます。
20181110_192431
このままではファンを取り付けられませんので、ホームセンターで↓を購入しました。
20181110_220846
スライドレバーで、開閉できるようになっています。

今日中に完成させるつもりでしたが、既に夕方になりましたので、今日はここまでです。

【追記】関連する記事はこちらです。
ソーラーウォール?を自作する!

ソーラーウォールを自作する(2)

ソーラーウォールを自作する(3)

ソーラーウォールを自作する(4)

ソーラーウォール用ファンを入手しました

ソーラーウォールの稼働結果は?






筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

自作中のソーラーウォール(ソーラーウォーマーに近いかと思います)の概要図です。
(ソーラーウォール、ソーラーウォーマーについては 11/8の記事 をご参照ください)

20181109solar-w
・クリアパネルの内側に黒いグラスファイバーを3層に張り、箱の底面(図右側)に黒いプラダンを貼っています。
・黒いグラスファイバーと黒いプラダンに太陽光が照射されると熱くなり回りの空気を暖めます。
・暖まった空気をファンで24h換気口へ送ります。
・ファンは、ソーラーウォールの横に取り付けるソーラーパネルのDCにて回転します。

昨日は、外箱の内側底面に黒いプラダンを貼り付けたところ迄でした。
20181108_153015
プラダンの上に黒いグラスファイバーを3層に張り、サイドと上下にコンパネをカットした板を取り付けます。
20181109_134003
24h換気口への接続部を取り付け(左上の白い部分)、前面にクリアパネル(ポリカーボネート板)を貼り、本体部分がほぼ完成しました。
20181109_182430
今日はここまでです。明日、小さいソーラーパネル(チャージコントローラー含む)を付け、本体部分をベランダの壁面に取り付けたいと思います。

【追記】関連する記事はこちらです。
ソーラーウォール?を自作する!

ソーラーウォールを自作する(2)

ソーラーウォールを自作する(3)

ソーラーウォールを自作する(4)

ソーラーウォール用ファンを入手しました

ソーラーウォールの稼働結果は?




筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

太陽光発電以外で太陽光のエネルギーを利用する機器に太陽熱温水器がありますが、太陽光を直接暖房に利用する機器があることをご存知でしょうか。

カナダのコンサーバル社が開発製造しているソーラーウォールを利用した太陽熱暖房器「ソーラーこはるび」やデンマークで開発された「ソーラーウォーマー」です。

これがソーラーウォールです。
20181108solarwall
小孔を多数開けた黒いアルミパネルで、小孔を通過して暖まった空気を給気ファンで室内に送る仕組みです。至ってシンプルです。新日軽が学校向け等に輸入販売しています。

また、ソーラーウォールを使用したユニットタイプの「ソーラーこはるび」 が販売されています。1台168,000円です。http://www.solar-koharubi.net/about/
20181108koharubi

ソーラーウォーマーも500w相当のSV7が14万円で販売されています。1000wのSV14だと20万円ほどになるようです。 http://www.solarwarmer.jp/about/
20181108swalmaer

そこで自作してみることにしました。ネットで探すと黒いグラスファイバー(黒い網戸です)を使ってDIYした事例がありましたので参考にしました。

早速、作成にかかりました。外箱はコンパネ(主にコンクリートの型枠に使われます)です。左上のファンはタワー型PC用のファンです。真ん中下の黒いネットは外気取入口です。
20181108_152428
背面です。ファンの部分は別途、接続部を付けます。
20181108_160114
内側の底面にホームセンターで購入した黒いプラダンを貼り付けました。
20181108_153015
今日は、ここまでです。

【追記】関連する記事はこちらです。
ソーラーウォール?を自作する!

ソーラーウォールを自作する(2)

ソーラーウォールを自作する(3)

ソーラーウォールを自作する(4)

ソーラーウォール用ファンを入手しました

ソーラーウォールの稼働結果は?




筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


↑このページのトップヘ