太陽光発電と伊豆高原のブログ

横浜から伊豆高原に2019年1月末に移住しました。野立太陽光発電を霞ヶ浦近辺で立上中のため茨城に活動拠点をオープンしました。太陽光発電と横浜・伊豆・霞ヶ浦近辺の情報やDIY、株式投資の情報を掲載しています。

タグ:ランキング

こんにちは ふじやん です。

My発電所に近い つくば(茨城県)の日射量は4月としては観測史上2位の値を記録しましたが、全国の日射量はどうだったでしょうか。

ちなみに、1~3月の日射量ランキングは甲府が1位に返り咲き、高知が2位でした。
1位 甲府 13.5MJ/㎡
2位 高知 13.4MJ/㎡
3位 静岡 13.0MJ/㎡
3位 宮崎 13.0MJ/㎡

4月度のベスト3です。長野が甲府と並んで20.2MJ/㎡でトップタイ、高松と熊本が3位でした。
1位 甲府 20.2MJ/㎡
1位 長野 20.2MJ/㎡
3位 高松 19.9MJ/㎡
3位 熊本 19.9MJ/㎡

ワーストは、意外なことに那覇がワースト1でした。
1位 那覇 16.6MJ/㎡
2位 盛岡 17.2MJ/㎡
3位 秋田 17.4MJ/㎡

全国の1~4月度日射量データです。
20210506mj-ranking1
20210506mj-ranking2
注:気象庁のHPには主要な気象観測所のみ日射量が掲載されています。県庁所在地の気象観測所でも日射量が掲載されていないところもあります。地域性を考慮して日射量が掲載されている31箇所のデータをまとめました。

My発電所に近い つくば は19.5MJ/㎡で 6位、銚子は19.9MJ/㎡で3位でした。まずまずですね。

1月~4月の平均ではどうでしょうか。
20210506mj-1to4ranking1
20210506mj-1to4ranking2

やはり、甲府が2位の高知を引き離してトップです。
1位 甲府 15.2MJ/㎡
3位 高知 14.7MJ/㎡
3位 静岡 14.6MJ/㎡

ワーストは、青森、秋田の順でした。冬期の天候が原因ですね。
1位 青森 10.3MJ/㎡
2位 秋田 10.4MJ/㎡
3位 新潟 11.4MJ/㎡


それでは、5/4~5/5の発電量です(各発電所の仕様はこちらです)。

5/4の5基合計の発電量は2,001kWhで想定差は+463kWh、5/5は1,078kWhで想定差は-460kWhでした。
20210505pv
月発電量は7,645kWhで想定差は5/3の-48kWhから-45kWh微減しました。
20210505pvm
前年同月比は5/3の-1,270kWhから-764kWhに減少しました。

早くプラスに戻したいところですが、好天が続きません・・・


筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

先月(8月)はMy発電所に近い つくば で観測史上2位の日照時間(日射量は3位)を記録、それに伴い発電量も大きく伸びましたが、他の地域はどうだったでしょうか。

そこで8月および1~8月の全国の状況(日射量)を確認したいと思います。(注:気象庁のHPに全天日射量が掲載されている観測所の内地域性を考慮し全国30箇所を確認。県庁所在地でも全天日射量が掲載されていない市もあります)

ちなみに、2020年上半期(1~6月)のトップ3は、
1位 甲府(1)
2位 高知(5)
3位 静岡(3)
ワースト3は、
1位 青森(5)
1位 秋田(3)
3位 盛岡(8)
でした。(カッコ内は2019年の順位です)

それでは、一気に発表します。
20200909mj-rank1

20200909mj-rank2

20200909mj-rank3

1~8月の平均日射量トップ3は、
1位 甲府(1)
2位 高知(5)
3位 高松(5)
でした。(カッコ内は2019年の順位)

甲府は不動のトップで、高知が2位を維持していますが、静岡が5位にダウン、高松が3位に入りました。

ワースト3は、
1位 盛岡(8)
2位 秋田(3)
3位 仙台(9)
3位 新潟(5)
3位 富山(1)
3位 福井(2)
でした。(カッコ内は2019年の順位)

ワーストは、青森がワーストから消え(24位に浮上)し盛岡がワースト1位になりました。

秋田はワースト2位ですが、今月(9月)の暫定順位(9/8迄)はトップです。9月暫定順位のワーストは長崎です。台風の影響が大きかったようです。

つくば で観測史上3位の日射量を記録した8月のランキングは、
トップ3が
1位 銚子
2位 大阪
3位 宮崎
でした。1~8月トップの甲府は7位に留まり、銚子が1位に入りました。

ワースト3は
1位 盛岡
2位 札幌
3位 青森
でした。盛岡は1~8月の平均、8月単独のどちらもワースト1です。


次は、9/7~9/8の発電量です。(各発電所の仕様はこちらです)

9/7の5基合計の発電量は1,284kWh(日想定差+52kWh)、9/8は1,829kWh(日想定差+596kWh)でした。
20200908pv
9月の発電量は10,844kWhで想定差は9/6の+339kWhから+987kWhに拡大しました。
20200908pvm
昨年9月との差異は9/6の+425kWh から+346kWhに減少しました。



筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

太陽光発電は天候(日射量)に左右されますので、8/16に今年1/1~8/15迄の全国日射量ランキングを掲載しました。

2019/1/1~8/15迄の日射量ランキング・ベスト6は下記でした。括弧内は2018年の順位です。
1.甲府(山梨)   (1)
2.長野       (4)
3.名古屋      (2)
4.静岡       (2)
5.高松(香川)   (6)
6.銚子(千葉)   (10)

では、8月後半と9月でランキングに変化があったでしょうか。確認してみました。(↓の表をクリックするとハッキリ見えます )
20191005mj-ranking-t
注:気象庁が主要な気象観測所のみ全天日射量を掲載しています(県庁所在地でも全天日射量が掲載されていない市もあります)。表の作成時間の都合もあり日射量の多い市と地域性を加味して選定した22都市に絞って確認しました。

今回順位      前回8/15迄の順位
1位 甲府(山梨)   (1)
2位 長野       (2)
3位 名古屋(愛知)  (3)
3位 静岡       (4)
5位 高松(香川)   (5)
6位 大阪       (9)

1位はやはり不動の甲府・山梨で、上位のランキングでは、前回9位の大阪が銚子をかわして6位に浮上して来ました。

下位を見てみると、おっと、前回ワーストの鹿児島を東京が下回りワーストです。

今回ワースト順位    前回8/15迄の順位
22位 東京       (21位)
21位 鹿児島      (22位)

東京は、6月・7月に続いて9月も冴えない天候が続いたことが原因のようです。

ちなみに、1~5号基に近い つくば・茨城と銚子・千葉は、つくばが17位、銚子は7位でした。

なお、過去10年の平均では、東京は14位、鹿児島は12位で、ワーストは青森です。
20191005mj-ranking-10years
東京と鹿児島は残り3ケ月で浮上するのでしょうか。


それでは、10/3~4の発電量です。(各発電所の仕様はこちらです)

10/3の5基合計の発電量は1,152kwh(日想定差+92kwh)、10/4は1,033kwh(日想定差-27kwh)でした。1kw・日当たりの発電量は4.19から3.48kwhにダウンしました。
20191004pv
月発電量は5,491kwhで想定との差異は10/2の+1,185kwhから+1,249kwhへ伸長しました。今月は、まずまず順調に推移しています。(^^♪
20191004pvm



筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング


太陽光発電の一括見積もり




こんにちは ふじやん です。

住宅用(10kw未満)太陽光発電の固定価格買取が2009年に開始し、その10年間の買取期間が11月から順次終了します。

2009年に開始した場合は、これまで48円/kwhで一般電力会社(東電、関電など)が買取していましたが、この縛りが無くなり大幅に買取価格が下がると想定され、俗に2019年問題と言われています。

◆参考:FIT買取価格の推移
20190628fit-kakaku2
注:10kw未満の住宅用は2009年~2010年は余剰電力買取制度として48円/kwh、2011年から42円/kwhに買取価格が変更され、その後FIT「固定価格買取制度」に移行しています。

では、固定価格買取制度(FIT)によらない電力会社の買取価格はいくらになるのでしょうか? 

地域で差異が生じていますが、関東の場合は、6月時点ではスマートテックの10円/kwhでの買取がベストでした。(セキスイハイムオーナー向け等の特殊な買取条件のものを除きます。6/28の記事をご参照ください

その後7/16にENEOS(JXTGエネルギー)が11円での買取(対象は北海道、東北、関東)を発表すると、今度はスマートテックが8/9に東北・東京電力管轄地域の買取価格を改定し10円から11.5円にアップしました。

◆卒FIT買取価格ランキング

順位
サービス名
買取会社
買取価格(税込)
kwh
対象地域備考・付帯条件など
1
スマートテック
11.5円or
10円
東北、関東、
中部、近畿、
中国、九州
(離島を除く)
東北・東京電力管轄地域は11.5円
その他の地域は10円
2
JXTGエネルギー
11円~
8円
北海道、東北
中部、北陸
関西、中国、
四国、九州
北海道・東北・東電エリアは11円
中部・関西・北陸・四国・中国エリアは10円
九州エリアは8円
3
ならコープでんき
10円
奈良県内の家庭
ならコープ組合員=10円
(CWS契約者=11円
CWS契約者かつ再エネ共同基金の参加者=12円)
3
宮崎電力
10円
 
買電も宮崎電力へ要切替え
3
中部電力
10円~
7円
 
プレミアムプランは余剰電力を8円/kwhで買取、翌月の
電気料金から差し引く。但し
シンプルプランは7円/kwh、
Amazonギフト券プランは8.1円/kwh。
WAONプランは7円にWAON2ポイント付与。
東電管内のみのプレミアムプランは10円(中電から要買電)
6
エコめがね卒FIT Plus
9.3円~
7.2円

NTTスマイルエナジーが取り次ぎ、エネットが買取
東日本エリアは9.3円
西日本エリアは8.4円
九州エリアは7.2円
7
東北電力
9円
青森、岩手、秋田、
宮城、山形、福島
東北電力「よりそう、でんき」加入
の関東1都6県と山梨・静岡の一部も 対象。
8
東京電力
8.5円
栃木県、群馬県、茨城県、
埼玉県、千葉県、
東京都(島嶼地域を除く)、
神奈川県、山梨県および
静岡県(富士川以東)
蓄電池を設置していない家庭の余剰電力を預かり別の時間帯に使用したとみなす「再エネおあずかりプラン」を提供(月額4000円で250kwhまでを預かり使用電力に充当)
8
昭和シェル
8.5円
北海道/東北/北陸/東京/中部/
関西/中国/四国エリア
(離島を除く)
昭和シェルの電気供給とセット
10
関西電力
8円
滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、
和歌山県、兵庫県(一部を除く)、
福井県の一部、岐阜県の一部、
三重県の一部
1年毎の自動更新
10
北陸電力
8円
 
他の買取プランあり
10
シェアーでんき
8円
東北、関東、中部、近畿
中国、九州エリア
(離島を除く)
各サービスエリアで1000棟先着順
2年経過後は1年毎の自動更新
13
昭和シェル
7.5円
九州エリア(沖縄、離島を除く)
昭和シェルの電気供給とセット
14
中国電力
7.15円
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、
山口県、兵庫県の一部、
香川県の一部、愛媛県の一部
 
15
四国電力
7円
 
ためとくサービスあり
15
九州電力
7円
 
 

2019年のFIT買取価格は14円ですので、卒FIT買取価格トップの11.5円とは2.5円の差に縮まってきました。

電力会社が個人に売電する時の価格は20数円から30円/kwh程度で送電費用は8円程度とも言われていますので、近い将来にFITの14円を上廻る買取価格が出てくることを期待したいと思います。


なお、セキスイハイムオーナーや蓄電池購入などの特別な付帯条件が付いたケースではもっと高い買取価格が提示されています。
サービス名
買取会社
買取価格
kwh
税込み
対象地域備考・付帯条件など
エネPlus

NTTスマイルエナジー

16円~
13円
沖縄電力管内と離島を除く全国
NTTスマイルエナジーがパナソニックと共同で提供
エコめがね卒FIT Plusを契約しパナソニック対象製品を要購入
パナソニックの蓄電池とエコキュートを購入したユーザーは13円
パナソニックの蓄電池、エコキュートに加え、NTTスマイルエナジーの「ちくでんエコめがね」を契約した場合は16円
上記の期間は12ケ月
丸紅ソーラートレーディング
14.6円~
8.5円
離島を除く全国
シャープエネルギーソリューションと協業して提供
SHARPプランは北電管内で10.6円、東電管内は9.5円/kWh
関西電力管内は8.5円
SHARPプラン蓄電池プレミアムはシャープ製蓄電池の新規購入者が対象で4円を上乗せ。ただしプレミアム単価の適用は12ケ月間
ならコープでんき
(CWS)
12円or
11円
奈良県内の家庭
CWS契約者=11円
CWS契約者かつ再エネ共同基金の参加者=12円
スマートハイム
でんき
(積水化学工業)
12円or
9円

セキスイハイムオーナー向け
蓄電池付き(12円)
蓄電池なし(9円)
積水ハウスオーナー
でんき
11円

積水ハウスオーナー向け



それでは、8/16と8/17の発電量です。(各発電所の仕様はこちらです)

8/16の5基合計の発電量は877kwh(日想定差-813kwh)、8/17は1,899kwh(日想定差+409kwh)でした。1kw・日当たりの発電量は4.39から4.26kwhにダウンしました。
20190817pv
月間発電量は28,573kwhで想定発電量との差異は+3,647kwhから+3,243kwhに減少しました。台風10号が去っても、まだ、天候が不安定ですね。
20190817pvm


筆者のプロフィールはこちらです。


 ↓ 人気ランキングに参加しています。ボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すとランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります


太陽光発電ランキング


にほんブログ村

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。

別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


週末別荘生活ランキング


にほんブログ村


太陽光発電の一括見積もり




こんにちは ふじやん です。

太陽光発電所の発電量は、発電設備の性能(パワコン、ソーラーパネルの出力、パネル向き/角度など)が同じであれば、日射量に比例します。

では、日本で日射量が一番多い場所はどこでしょうか?

昨年9/13に、「今年日射量が一番多い市はどこ?」というタイトルの記事を掲載しました(こちら)。

その時のベスト5は下記でした。
1.甲府(山梨)
2.銚子(千葉)
3.静岡
4.長野
5.名古屋(愛知)

今年(8/15迄)はどうでしょうか。チェックしてみました。(表をクリックするとハッキリ見えます)
20190816s-ranking

2019年(8/15迄)の日射量ランキング・ベスト6です。カッコ内は昨年順位。
1.甲府(山梨)   (1)
2.長野       (4)
3.名古屋      (5)
4.静岡       (3)
5.高松(香川)   (6)
6.銚子(千葉)   (2)

甲府の1位は変わらず、昨年2位の銚子が6位に下がり、長野が4位から2位に浮上しました。甲府、長野と盆地の日射量が多い(晴れる日が多い)ようです。

ちなみに、チェックした22の都市では意外なことに、鹿児島がワーストでした。また、6月~7月の日射量が異常に少なかった東京がブービーです。

今年の鹿児島と東京は、異常値の可能性もありますので、過去10年間の日射量を確認してみました。
20190816s-ranking10y
過去10年間の平均では鹿児島12位、東京14位で妥当なところでしょうか。

甲府は、2009年の2位以外は、全て1位で安定しています(赤線)。
20190816s-ranking-c
ワーストは青森(青線)でした。また、1~3号基の近隣の「つくば」は12位、4~5号基に近い「銚子」は7位でした。

注:気象庁が主要な気象観測所のみ全天日射量を掲載しています(県庁所在地でも全天日射量が掲載されていない市もあります)。表の作成時間の都合もあり日射量の多い市と地域性を加味して選定した22都市に絞って確認しました。



それでは、8/14と8/15の発電量です。(各発電所の仕様はこちらです)

8/14の5基合計の発電量は1,267kwh(日想定差-223kwh)、8/15は1,621kwh(日想定差+131kwh)でした。1kw・日当たりの発電量は4.50から4.39kwhにダウンしました。
20190815pv
月間発電量は25,997kwhで想定発電量との差異は+3,739kwhから+3,647kwhに減少しました。今日は台風10号の影響で発電量が少なくなっていますが、明日以降に期待したいと思います。
20190815pvm


筆者のプロフィールはこちらです。


 ↓ 人気ランキングに参加しています。ボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すとランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります


太陽光発電ランキング


にほんブログ村

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。

別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


週末別荘生活ランキング


にほんブログ村


太陽光発電の一括見積もり




↑このページのトップヘ