太陽光発電と伊豆高原のブログ

横浜から伊豆高原に2019年1月末に移住しました。野立太陽光発電を霞ヶ浦近辺で立上中のため茨城に活動拠点をオープンしました。太陽光発電と横浜・伊豆・霞ヶ浦近辺の情報やDIY、株式投資の情報を掲載しています。

タグ:賃貸

こんにちは ふじやん です。

予算1500~1600万にて伊豆で中古別荘を探していましたが、条件にあう物件が見つからないため、2013/10に土地を購入して別荘を新築することにしました。ただし、別荘建築の予算は延床100㎡以上で約1600万円です(土地代は除きます)。

土地購入の契約後に、住宅展示場で約100㎡の家を建てると諸費用を含めていくらかかるか大手ハウスメーカに質問すると約3000万円ですと言われました。完璧に予算オーバーです。別のハウスメーカでは少し下がりましたが2500万円の回答でした。

しかし、賃貸用に建てた小さい家は58㎡で870万円でした。小さいながらも建物の質はまずまずでした。

賃貸用の建物です。外構工事前です。
abk-201212-1

キッチンです。
abk-201212-2
リビングです。
abk-201212-3
お風呂です。
abk-201212-6
2階です。
abk-201212-5

100㎡の場合は単純に計算すると870×100/58=1500万円になります。予算内です。
そこで2014正月に別荘の間取りを作成して(約115㎡になりました)、賃貸物件を発注したハウスメーカ(A社)に見積りを依頼しました。

しかし、より別荘らしい建物にしたいという思いもありましたので、伊豆高原で多くの別荘を建築している建築会社(B社)にも同じ間取りで見積もりを依頼しました。

B社の見積金額には照明器具などの費用も含まれていましたが、2000万を少し超えていました。A社は、ほぼ想定通りの見積りでした。

A社を選択し、別荘らしさは、傾斜天井、天井の梁、照明(シャンデリア)などを工夫して出すことにしました。

経緯5に続く・・・


今日3/13の発電量と3月の累計発電量です。(kwh)      

発電所3/133月累計パネル出力仰角
1号基 264.2 2354.9 56kw 10度
2号基 380.9 3437.880.6kw 30度
3号基 361.3 3304.680.6kw 10度
4号基 367.6 3247.2 87.5kw 5度
合計 1374.0 12344.5 314.7kw  
1~3号基は てるてるモニタ、4号基は エコめがね の測定値です。



 ↓ 人気ランキングに参加しています。ボタンをポチッとお願いします。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。
にほんブログ村 風力発電・太陽光発電
にほんブログ村


太陽光発電ランキング

別荘生活の情報はこちらです。

週末別荘生活ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村




こんにちは ふじやん です。

昨日3/9の記事にて、2013/7に契約を申し込むことにした物件を伊東市に見つけたことを記載しました。

↓ リビングの前にウッドデッキがあり、築10年程度で建物も問題ありません。
mz-2014-3

物件の概要
 価格:1500~1600万円
 土地面積:約400㎡
 建物:約100㎡  築約10年
 温泉:あり  月額3000円台

建物の西側が1区画分空いていてこの物件に付属していました。その半分は斜面ですが、半分は平坦になっていましたので菜園も可能な状態でした。

物件自体は気に入っていたのですが、その他の理由により契約前にキャンセルしました。
そして、再び中古別荘探しを再開しました。

↓ 別荘探しで見学した物件です。リビングが30畳ありました。
uy-2014-1

しかし、候補地の条件に別荘の条件を追加して探していましたので、なかなか希望の物件は見つかりませんでした。条件が多すぎだろ!と言われそうですが・・・

■候補地の条件
・眺望が良いこと(海または富士山が見える)
  注:海が見える場合は津波や台風の被害が発生しない程度の海抜が必要
・その地域におしゃれな感じがあること
・冬あまり寒くなく、あまり雪が積もらないこと
・温泉が引けること
・菜園ができること
・土地が安いこと
・スーパーや病院があること

■別荘の条件(上記に追加)
・延床面積は100㎡程度あること
・価格は~1600万程度
・急傾斜地に建っていないこと
・玄関まで階段がないこと
・リビングが2階の場合はエレベータを設置できる場所があること

希望の物件が見つからないため、安価に家を建てれば、土地代を除いて上記の条件をクリアできるのではないかと考えて土地物件も探し始めました。

そして、ようやく条件を満たせる土地(現在の別荘)を見つけました。その土地には温泉権が付いていましたが、温泉料金が月額1万円以上します。

どうするか少し悩みましたが、別荘の屋根に10kw以上の太陽光発電を付ければ、別荘の温泉費用やガス、水道代を賄えると考え、2013/10に、土地購入&別荘建築をGoしました。

4に続く



 ↓ 人気ランキングに参加しています。ボタンをポチッとお願いします。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。
にほんブログ村 風力発電・太陽光発電
にほんブログ村


太陽光発電ランキング

別荘生活の情報はこちらです。

週末別荘生活ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村




こんにちは ふじやん です。

通勤時間の短縮と定年退職後の収入を確保するため、横浜へ引っ越して、千葉の自宅マンションを賃貸にしたこと、それから、小さい家を建て賃貸にしたことを昨日3/8の記事に記載しました。

しかし、60才から3年間は公的年金がありませんので、これら2つでは収入が足りません。

また、退職後は自由な時間が増えるので、ガーデニング、菜園、DIYで何かを作ったり、空気と眺めの良いところを散歩したいという願望がありましたが、横浜マンションの近くではガーデニングや菜園などができる自宅(戸建)を持つことは資金的に無理です。

そこで、定年後は郊外・地方に引っ越して横浜の自宅マンションも賃貸にすれば、上記の願望を実現できる可能性が高いと考えました。

GWや夏季休暇には、将来の引っ越し先を念頭に比較的関東から近いエリアを選んで旅行に出かけました。
具体的には、軽井沢、那須、富士五湖周辺、房総、伊豆、三浦半島です。

↓ 軽井沢のペンションです。
kz-summer-2

そうしている内に、次第に候補地の条件が絞られて来ました。

・眺望が良いこと(海または富士山が見える)
  注:海が見える場合は津波や台風の被害が発生しない程度の海抜が必要
・その地域におしゃれな感じがあること
・冬あまり寒くなく、あまり雪が積もらないこと
・温泉が引けること
・菜園ができること
・土地が安いこと
・スーパーや病院があること

上記の条件から、候補地は伊豆に絞られてきました。更に、引っ越し先を定年になる前に確保して、しばらくは(願望の)別荘として利用しようと考えました。

別荘として利用するには、横浜から移動しやすいところが良いので、湯河原、真鶴、熱海、函南、伊東を候補地に中古物件を探し始めました。

↓ 熱海の物件です。
atm-2014-1

横浜から移動し易い熱海の別荘をいくつか見て廻りましたが、急傾斜地に建ち、菜園スペースが確保できない物件が主でした。

別荘として利用するのは3~4年だけで、引っ越しすれば移動時間はあまり関係なくなると考え、伊東で物件を探し始めました。

そして2013/7に契約を申し込むことにした物件を伊東市に見つけました。

↓ お風呂からの景色です。
mz-2014-1


3へ続く



 ↓ 人気ランキングに参加しています。ボタンをポチッとお願いします。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。
にほんブログ村 風力発電・太陽光発電
にほんブログ村


太陽光発電ランキング

別荘生活の情報はこちらです。

週末別荘生活ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村




こんにちは ふじやん です。

昨年5月末に会社を定年退職しましたが、その8年ほど前から退職後の収入をどうやって確保するか考えるようになりました。

当時、千葉県の自宅マンションから私と妻の二人とも往復2時間とチョットをかけて都内に通勤していましたが、その通勤時間と駅までの徒歩12分(片道)が段々イヤになってきました。

そこで通勤時間が短縮できる場所に中古マンションを購入、(定年後の収入源として)千葉の自宅マンションを賃貸にすることにしました。

2009/10に通勤が片道30分(駅まで徒歩3分)で妻の実家にも近くなる横浜に中古マンションを見つけて購入、その後千葉のマンションは賃貸にしました。注:千葉・横浜のマンションとも、いまも住宅ローンを払っています。

千葉のマンション(3LDK)よりは小さくなりましたが、駅近で眺望↓が良くなりました。
yk-200907-1

次に中古アパートを購入しようと物件を探しましたが、良い物件を見つけることができませんでした。その頃、某ハウスメーカーが555万で家が建つと宣伝をしていたため、安価な土地を購入して家を建て賃貸にすることにしました。

200㎡ほどの土地を千葉県に購入し555万(+諸費用)の小さい家を2戸建てることを計画、まずは1戸目を2012/12に建てました。土地代を除き建築に870万円ほどかかり、駐車場等の外構工事に別に50万ほどかかりました。
chi-201801-1

表面利回りで9~10%を狙っていましたが、結果は、表面利回りで約6.7%になりました。
写真の左手前側にもう1戸を建てる予定でしたが、利回りが想定より低いこと、入居者の入れ替えが時折発生しているため2戸目の建築は保留しています。

なかなか想定通りには行きません。(2へ続く)



 ↓ 人気ランキングに参加しています。ボタンをポチッとお願いします。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。
にほんブログ村 風力発電・太陽光発電
にほんブログ村


太陽光発電ランキング

別荘生活の情報はこちらです。

週末別荘生活ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ
にほんブログ村




↑このページのトップヘ