太陽光発電と伊豆高原のブログ

横浜から伊豆高原に2019年1月末に移住しました。野立太陽光発電を霞ヶ浦近辺で立上中のため茨城に活動拠点をオープンしました。太陽光発電と横浜・伊豆・霞ヶ浦近辺の情報やDIY、株式投資の情報を掲載しています。

タグ:DIY

こんにちは ふじやん です。

約200ドルで購入したプチ風力発電機をDIY施工中です。前回3/20、風力発電機を取り付けるポールの土台を作成しました。

今日は、完成した土台にポールと風力発電機を取り付けます。

まずは、風力発電機とチャージコントローラーを繋ぐケーブルをポールに通します。
20220320DSC_0479
白いケーブル3本↑を風力発電機に繋ぎ、ポールの上端に発電機をボルト4本で固定、ブレードをボルト1本で固定します。
20220322DSC_0488
それから風力発電機を取り付けた状態のポールを土台に載せ、ボルトで固定します。
20220324DSC_0486
風力発電機の土台への取り付け完了しました。
20220324DSC_0492
次は、配線です。

市販ボックスにチャージコントローラーやバッテリーを収納します。
20220324DSC_0487
チャージコントローラーの青ケーブル3本と風力発電機に繋いだ白ケーブル3本を接続します。
20220324DSC_0484
チャージコントローラーの出力(赤、黒)はディープサイクルバッテリーのプラスとマイナスに繋ぎますが、チャージコントローラーに電圧や電流の表示がないため電圧電流計を介して接続しました。

日射しが強く写真では読み取れませんが、電圧24.7Vと電流0.0Aを表示しています。今日は風が弱く、風力発電機のブレードがたまに少しだけ廻る程度で出力(電流)を確認するに至りませんでした。

別途確認したいと思いますが、これで充電系の配線は完了です。

なお、バッテリーの出力は、ヒューズ・逆流防止ダイオード・スイッチを介して取り出しますが、まだ未配線です。(ACインバーターを繋ぐかorソーラーパネル用のバッテリーを充電させるか検討中です)

所用で外出のため今日はここまでです。


筆者のプロフィールはこちらです。



人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

約200ドルで購入したプチ風力発電機をDIY施工しています。

風力発電機用のポール(別売)に
20220312DSC_0452
足を取り付けました。
20220320DSC_0476
これをブロックで作った土台に固定する必要がありますが、取付用の穴はありません。

そこで、ホームセンターでこれを固定できそうなものを探したところ、

コの字型のボルト↓
20220320DSC_0474
を見つけましたのでこれで固定することにします。

また、前回3/12作った土台は横幅が狭すぎるため
20220312DSC_0450
ブロックを追加して横幅を拡大し、コの字型ボルトをモルタルに埋め込みました。
20220320DSC_0477
木枠を外してモルタルを重ね塗りしました。
20220320DSC_0478
ポールを固定するには重ね塗りしたモルタルが乾くのを待つ必要がありますので、今日はここまでです。


筆者のプロフィールはこちらです。



人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

ソーラーパネル8枚↓の出力をディープサイクルバッテリーに蓄電しオフグリッドで使用しています。
202010161717
しかし、深夜や雨/曇天時はバッテリー電圧が低下するため電力会社からの電気に自動で切り替えています。

その欠点を少しでも補うため小型の風力発電機↓を12月に購入(約200ドル)しましたが、
20211206DSC_0756
DIY施工に適した季節(春)になるまで待っていました。
20211206DSC_0757
かなり暖かくなってきましたのでDIY施工を始めることにします。

設置場所は、昨年サツマイモを植えた場所の近くです。
20220306furyoku101212460
設置場所の石(溶岩です)が崩れないようにモルタルで固めます。
20220312DSC_0448
そこに土台にするブロックを積みます。
20220312DSC_0450
この上に風力発電機用のポール↓(別売り)を建てる予定です。
20220312DSC_0452
モルタルが固まるのを待つ必要がありますので今日はここまでです。





筆者のプロフィールはこちらです。



人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

またまた2/11に続いて積雪か~と思っていましたが、今日2/14は積もりませんでした。

ところで、1/11に花壇に植えた花は先日の雪でどうなったでしょうか。

これは植えた直後の様子です。↓
20220110DSC_0960
今日の様子です。
20220214DSC_0331
先日の積雪に耐えてくれました。

鉢植えにして花壇の横に置いたラナンキュラス↓は、
20220128_kadanプラス160528
ある程度の耐寒性はあるものの雪や霜に弱いためDIY温室に避難させました。
20220214DSC_0330
今日のラナンキュラスです。
20220214DSC_0324
20220214DSC_0328
20220214DSC_0329
温室内は夜間も7℃以上をキープしているので元気です。

ガーデンシクラメンや
20220214DSC_0327
サフィニアも咲いています。
20220214DSC_0326
温室を作った甲斐がありました。(^^♪




筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

このブログは太陽光発電と伊豆高原をメインに記事を掲載していますが、過去30日間で最も読まれているのは意外にもソーラーウォールの記事(2018年11月)です。(但し1週間で集計すると直近の記事が上位に来ます)
20220116ninki
注:スマホの場合は、PC用の表示にして下へスクロールすると画面右に上記が表示されます。

自作したソーラーウォールは4年目の冬を迎えましたが、今日1/16も順調に稼働しています。


ただし、少しだけ改造しました。

ファンの音がうるさいと奥さんから言われ、また、冬以外は使用しないこともあり、DCファンを稼働させていた電源用のプチソーラーパネルを他用途(駐輪場の照明とDIY温室の開閉)に流用しました。
20181110_171349
       ↓
20220106DSC_0934b
↑ 1/6に撮影した写真のためうっすらと雪が積もっています。

そこで、音がうるさくないファンを購入しました。
20220116DSC_0933
↓のファンを交換します。
20220116-59558e5a-s
購入した新しいファンは少し大きいので、全て取り外して、ファンを固定する木枠用のブラケットを付けます。
20220116DSC_0964
そしてブラケットに新しい木枠を取り付けます。
20220116_kiwaku152115
ファンを横にして木枠にセットします。
20220116_fan152154
ぴったり入りました。
20220116_fan152311
上の状態で稼働させるとソーラーウォールのダクトからはあまり吸引せず、ファン廻りのスキマから室内の空気が循環します。

そこでファン廻りのスキマを無くすためのカバーを付けました。
20220116_fan162446
20220116_fan-cover151739
34.7℃の暖かいエアーが出て来ました。(下側の表示は室温)
20220116_thermometer151312
ファンの音も弱にするとかなり静かです。
20220116_sw151843
回転を中にすると少し音が大きくなりますが交換前のファンよりは静かです。(ただし強にするとウルサクなります)

夜間はファンを停止しても冷気が入ってくるので更にカバーを付けました。
20220116_cover162545
これで大丈夫です。(^^♪







筆者のプロフィールはこちらです。

人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

先日12/8、自作した温室をスマホで開閉できるようにして運用を開始しました。

スマホで温室屋根を開閉できるのは超ベンリです。
20211129DSC_0827b
天気が良い日は屋根を開かないと温度が40度ほどに上昇するため朝9~10時頃に屋根を開いています。

そうすると30℃手前くらいで温度上昇が止まるのでちょうど良い感じです。

ただし、夜間の暖房に問題がありました。

ポリタンクの温水を100Wの水槽用ヒーターで加温し
20211222DSC_0904
コントローラー↓で温水を35~40℃に制御しています。

↑ヒーターやコントローラーは以前に購入したものを流用しました。

それでも夜間は外気温プラス2~3度くらいまで温室の温度が下がります。暖房能力が足りないようです。

温室内は最低でも5℃以上をキープしたい(温室に入れる植物によりますが現在の植物はその程度でokと思います)のですが、外気温が2℃を下回ると温室内が5℃を下回ることになります。

そこで暖房を追加することにしました。

ちょうど良さそうな温度コントローラーと小さいセラミックファンヒーター(400W)を見つけました。



温室の気温が7℃に低下するとファンヒーターがオン、9℃に上昇するとオフするように温度コントローラーを設定しました。このくらいだと電気代も抑えられると思います(寒い日のみ一時的にヒーター
がオンするため)。
20211222DSC_0923
20211222DSC_0915
ファンヒーターにも水濡れ防止カバーを付けました。

先日、最低気温(外気温)が1℃に下がりましたが、温室は7℃以上をキープできました。
20211222DSC_0912
これで大丈夫そうです。(^^♪



関連する記事はこちらです。

スマホで開閉する温室を自作(1)

スマホで開閉する温室を自作(2)


スマホで開閉する温室を自作(3)

スマホで開閉する温室を自作(4)

スマホで開閉する温室を自作(5)

スマホで開閉する温室を自作(6)

スマホで開閉する温室を自作(7)



筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


こんにちは ふじやん です。

強風でボロボロになった市販のビニール温室の代わりに、10/27から温室の自作を始め11/28に完成しました。


ただし、下記については、今後の機能追加を検討している状況でした。
(a) 温室屋根の開閉をリモート(スマホやAlexa)で操作可能にする
(b) 太陽熱温水で夜間の温度低下を抑える

外出や旅行中(発電所の巡回含む)に温室屋根を開閉するには(a)の機能は必須ですので、今日12/8はこの機能追加を行います。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)や Arduino(アルデュイーノ)で作ろうとすると
20211208arduino
いつ完成するか不明なためもっと簡単な方法で実現することにします。

ロフトに換気扇を付けた時に、WiFiでオン/オフできるWiFiスマートコンセントを取り付けました。

今回もこれを使うことにします。

このコンセントに使わなくなったACアダプター(12V出力)を繋ぎます。
20211208DSC_0833
そしてACアダプターの12V出力をリレーに繋ぎ、
20211208DSC_0834
手動スイッチの代わりにリレーで電動リニア・アクチュエーターを操作します。

それらを木製ボックスに収納しました。
20211208DSC_0838
また、温室の照明(USBで点灯するLEDランプ)用に12Vを5Vに変換するDCコンバータをボックスに入れて右上に照明のスイッチを付けました。
20211208DSC_0835
USBのLED照明(ダイソー)を点灯したところです。
20211208DSC_0840
次は、肝心のスマホによる屋根の開閉です。

スマホにWiFiスマートコンセント用のアプリを入れます(ロフト換気扇で使用したのでインストール済です)。

2個のスマートコンセントをアプリに登録して準備完了です。
20211208DSC_0842
「温室開く」のアイコンをタップすると温室の屋根が開き、再びタップすると止まります(完全に開くとアクチュエーターが自動停止します)。

温室の屋根を閉じる時は、「温室閉じる」のアイコンをタップします。

そして温室屋根の開閉状態は2階窓際に置いた監視カメラで確認します。
20211208_143249
また、温室の温度は、無線トリプル温度計の画面を監視カメラでチェックします。
20211208DSC_0841





次は、温室の暖房です(冷え込む夜間の暖房は必要です)。

太陽熱温水を使う予定にしていますが、既にかなり寒くなってきましたので、とりあえず簡易な方法にします。

タンクの水(お湯)を100wの水槽用ヒーターで暖め温度コントーローラで制御します。
20211208DSC_0845
灯油用のポリタンクですが灯油は未使用です。なお、水温が40度に達するとヒーターが切れ35度以下になるとヒーターが入るように設定しています。

早速、サンパチェンス・サンパラソル・ミニシクラメンなどを温室に収容しました。

しばらくはこれで様子を見たいと思います。

関連する記事はこちらです。

スマホで開閉する温室を自作(1)

スマホで開閉する温室を自作(2)


スマホで開閉する温室を自作(3)

スマホで開閉する温室を自作(4)

スマホで開閉する温室を自作(5)

スマホで開閉する温室を自作(6)

スマホで開閉する温室を自作(7)



筆者のプロフィールはこちらです。


人気ランキングに参加しています。下のボタンをポチッと押して応援をお願いします。ボタンを押すと人気ランキングが表示されます。

太陽光発電の関連情報がたくさんあります。


にほんブログ村


太陽光発電ランキング

パソコンの方はCTRLキーを押しながらボタンをポチッと押すとこのページを表示したまま、ランキングが別ページに開きます。


別荘生活・田舎暮らしの情報はこちらです。


にほんブログ村


週末別荘生活ランキング



太陽光発電の物件探しはこちらです。

メガ発
https://mega-hatsu.com/

タイナビ
https://www.tainavi-pp.com/

エコの輪
https://www.taiyo-co.jp/

スマエネ
https://sma-ene.jp/


↑このページのトップヘ